宇宙‐そらもしくはうみ‐

悠久の時の流れと、果てしなき広がりを持つもの……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

旅行記

刈谷→安城→岡崎に行って帰ってきました。
といっても、同居人の運転で私は隣に座っていただけですが…笑

市境を越えただけで雰囲気が一変し、三河になるのには驚きました。
そして広大な農地に立派な高層の税務署、役所を思わせる高校の校舎等……すごかったです。
岡崎城も外からですが、見てきました。

また今度、ゆっくり見てきたいです。
スポンサーサイト
[ 2012年04月21日 18:41 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

ギガノスの理想は何だったのか?

ギガノスの理想は何だったのか、と弟が言っていたので画面上から分かったこととおれ流の推測をば。

①地球を植民地に、もしくは奪還しようとしていた(話の流れから)。そして賢人思想で導こうとしていた。

②真善美(プラトン?の哲学)を元に新たな価値観の体系を築こうとしていた(文中台詞と設定より)。

③月面民族主義により独立したばかりで、それを確立しないといけなかった(後半の流れより)。

こうまとめてみると一定しないんだな。各人が独裁制に対してどんなイメージを持ってるかというのを各回で反映しているせいだろうな。それを無理矢理収めると後半の流れになっちゃうんだろう。発案者が死んじゃえばうやむやになるのだから。

あと「統一国家」を名乗っているところから、月・地球圏全土を支配する超国家の形成が最終的な目標だったんだろうな、とも。そんなもん作ったら作り終えた後が大変だぞ(

以上簡単にギガノスの目的を整理してみました。異論は聞きます。

プラトンの国家論 → http://www.geocities.jp/ittokutomano/kokka.html

プラトンの哲学を始め哲学や思想はふつーの人にはよく分かんないから、よく分かんないが故に適当に言葉を抜き出して支配や洗脳の道具に使えちゃうんだろうな、なんて思ったりもする。

弟はギガノスには思想がなかったって言ってるけど、実はジオン以上に深い思想があったんだぜ?と思うよw
[ 2012年04月20日 06:27 ] カテゴリ:思い・考え | TB(0) | CM(0)

国籍

関係ないけど昔思ったことがあるから言わせてもらうぞ。ケーンのことをアメリカ人って書いただけで日本人だと難癖をつけてきた女史がいたが、彼はアメリカ人と日本人のハーフだ。ハーフの人をアメリカ人と言っても日本人と言っても間違いにはならないと思う。

育ちはコロニーで青森は昔訪れた程度、主要母語は恐らく英語で名前も英語表記、文化的にもアメリカからの影響が強い人を「日本人」だと殊更主張したい理由が分からない。同様にライト君もイギリス系アメリカ人だろ?と思う。

理屈で反抗してごめんなさい。だけど言いたかった。

分かったことはそこまでして国籍に拘りたい人がいるということと、国籍を書くだけでデリケートな部分を刺激しかねないということである。
だけど、この程度はいいと思う。
Wikipediaに某国のみギガノスの版図として塗られていなかったとかそんな話を書き込むよりはずっと。
(私も確認してみたけどそもそも塗られているのかいないのかさえ判別できなかった。)
[ 2012年04月03日 07:06 ] カテゴリ:思い・考え | TB(0) | CM(0)

イリスの投げた林檎

必要性があり、心理療法士氏にマイヨ視点からのドラグナーの粗筋を語ったところ、マイヨが主人公と心理療法士氏は見事に誤解した(爆)。微かに喜びを感じつつも、いえ彼は実を言うと主人公ではないのですと弁明せざるを得なかった。でもマイヨが主人公で通る話だって素人さんで証明できたぞ(爆)。

今の話で私をイタタさんだとする評価は丁重に返品する。別段必要性が無ければ自分から話すつもりはないからである、ましてそちら方面の教養が無い方に。

やや聖書風にいえば、いずれにせよ大尉殿は、人に頼らず自分の足で歩けと仰ったわけなのです。こう言った大尉殿が、国家にせよ元帥にせよに依存していたのか、もししていたならそのことに自身で気付いていたのかどうか、それはちょっと興味深い。

自分にとってマジドラグナーがバイブルになってるかもしれない(w 違うのは聖書が遠い昔の話で、ドラグナーが近い将来起こるかもしれないことだってことだ。

この話をマイヨの話として見れば、未来を確信していたのに未来に(親きょうだいに、頼りにし尊敬していた人たちに、支持者を名乗る若い人たちに、理想像としての国家に)裏切られ、絶望の中小さな答えを得つつ、一人で違う未来を探し始める青年の話、に見えなくもないかなと思うのです。

小説では「未来が壊れる音がした」で終わっている。確かに一つの理想としての未来は壊れてしまった。だがそれでも他の未来があるじゃないか。たとえ小さくて理想に満たない未来でも。

いつしか納得のいかない、若い時に考えていたのとは随分違う未来を選択しているかもしれない。けれども、それで理想実現の叶わなかった自分を責めるなら、鬱になる。違う未来の良さに気付けたと思えばいいじゃない。理想なんて実現できない、できてもそれが素晴らしいか分かんない。

土曜日に「藪の中」を読んで、ちょっとだけ考えが変わった。犯人はお前だ!から登場人物の心情まで、皆が違った感想を言えるのは、そしてそれを読むのは、面白い。

皆、自分はこの人をどんな人物だと思うか、また実際に起こったのはどういうことだったか、を、理屈と想像と情緒を駆使して述べている。罵倒や押し付けがない限りその対話は楽しいものだ。

単なる作品への感想。しかしそれを通して、その人の人間観や人生観が垣間見られ、面白いと思う。女は卑怯なのだと言う人から、全員保身のために嘘をついている、等。

キャラクターや話の語りについては正解はなく、むしろ「藪の中」同様に多数の正解があるのではないかと思えてきた。経験則含め、何を根拠としてそう思うか、各人が引いてくるものはそれぞれ違って、だからこそ成る程と思って面白い。

「美しきクリシェに背を向けて」の、口さえ切る尖った言葉ってのが印象的だった。人は時々そういう言葉で喋る必要があんのかも。

自分には自分の根拠がある。たとえ内的根拠だとしても……。だから、「附属物」等の意見を装っての暴言や、徒党を組んでの荒らし・押し付け行為もある程度までは気にしないことが重要かもしれない。忍諾ではなく。
だって自分らには自分らなりの、そう思う理由があるから。架空の世界と人物を論じている以上、相手とどっちが信頼性が上かなんてどっこいでしかない。

押し付け・荒らしを行う人は、自分が多数派でありたい願望に囚われているだけなのだ、とも思う。だから同ベクトルの人を何人か集め複数で他人を挑発し、他人の語る場に押し掛ける。

だが多数派と少数派とは認識と実際は逆だったりする。ちょうどボリシェビキが少数派だったように(爆)。多数派でなければ不安な人もいれば、少数・異端に価値を見出だす人もいる。多数だから良いという単純な話でもない。

小学校からこの方多数決の論理に敗北しつつもそれに勝る「まとめ」の方法は見いだせずにいる。確かに論証してどちらが正しいかを決める方法もある。だが素朴な意見を封殺するのでないか。

成る程これは単なるアニメだった。でもガンダム以上に人は何故争わされるか分かるアニメだった気がする(爆)。いわば初めのストーリー展開上不可欠のD兵器盗難が、イリスの投げた林檎だったわけだ。作中人物にとっても、うちらにとっても。

ただやはり箱アイやbotに関しては、自分が発言して後すぐのことだったので、真似されたもしくは抜け駆けされた思いが強い。でも敵が技術で抜きん出たからといって、開発合戦など当たり前の話なのはアニメ見ていれば分かる(笑)。

技術(テクニックでなく、テクノロジー)で上回る相手には、魂や質での対抗しかできないのもアニメと同じである。だから、自分も頑張らないと(爆)。

美しきクリシェに背を向けて
聖飢魔Ⅱ(世紀末)は色あせない。
[ 2012年04月02日 08:03 ] カテゴリ:思い・考え | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ほしみん

Author:ほしみん
愚痴と空想が多めのblogです。
でも、楽しませる気持ちは…少しは、あるよ。

ブログパーツ
ブログパーツでございます。 遊んで行ってくださいな。
アフィリエイト
無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。